本のレビュー

【君たちはどう生きるか】あらすじや感想、登場人物をまとめてみた!

 

この記事では「君たちはどう生きるか」のあらすじと感想、登場人物を書いていきます。

こんにちは、シスイ(@shisui_1234)です。

 

僕は週に1回くらい本屋に立ち寄ります。

『君たちはどう生きるか』は数か月くらい前から店頭でよく目にしていたのですが、読んでいませんでした。

ぶっちゃけ、「漫画が売れているんだね。でも、漫画が店頭にあるなんて珍しいな。」くらいにしか思っていませんでした。

 

そんな『君たちはどう生きるか』ですが、最近ではニュースサイトでも見かけるようになり、気になったので思い切って購入しました。

一通り読み終わりましたので、あらすじと感想を書いていきます。

 

にゃむ
にゃむ
子供に読ませてあげて!

 


 君たちはどう生きるかのあらすじ

舞台は1937年の東京。


主人公は頭も良く友達想いの中学生コペル君と、務めていた出版社が倒産し近所に引っ越してきたコペル君のおじさん

 

ある日、コペル君は「友達との約束」を破ってしまう。その後悔や不安から体調を崩し、学校を数日間休む。

 

そんなときに、母がコペル君に一冊のノートを渡す。

 

このノートには、

 

  • ものの見方
  • 偉大な人間とはどんな人か
  • 人間としてどう生きるか

 

などが書かれていた。

 

このノートは、おじさんが引っ越してきた日から、コペル君が立派な大人になれるように書いてくれていたものであった。

 

この「おじさんのノート」を通してコペル君は成長していく。

 

 君たちはどう生きるかの登場人物

コペル君

この本の主人公であり、本名は本田潤一。

コペル君というあだ名は叔父さんにつけられた。

あだ名は、地動説を唱えたコペルニクスからとっている。

成績優秀な中学生。

おじさん

コペル君の母親の方の叔父。

働いていた出版社が潰れたため現在無職。

コペル君の父親から「子どもたちに向けた本を作ってくれ」と頼まれている。

父親

コペル君の父親。

いつかは不明だが亡くなっている。死因は病気と思われる。

母親

コペル君の母親。

コペル君と話すシーンはあまりないが、コペル君が落ち込んでいるときに自分の過去のエピソードを話し励ますなどと良い母親である。

浦川君

コペル君の同級生。

他の同級生たちよりも少し貧乏な生活をしているためか、痩せている。

山口君からいじめられている。

性格は、自分をいじめている山口君をかばうほど優しい。

ガッチン

コペル君の同級生。本名は北見。

見ためは元気いっぱいの野球少年。

いじめられている浦川君を助けるなどと、とても友達想い。

ガッチンが「誰がなんと言ったって」と言ったら、もうガッチンを抑えることは誰もできない。

(個人的に一番好きな登場人物です。)

水谷君

コペル君の同級生。

詳細は不明だが、両親が金持ちなイメージ。

山口君

コペル君の同級生。

浦川君をいじめているいじめっ子である。

上級生達

コペル君の学校の上級生。

上級生達の中には山口君の兄も含む。

 


君たちはどう生きるかの感想や学んだこと

人間が感じる悲しみや苦しみの意味

普段健康に暮らせているとき人間は、心臓とか腸とかが、きちんと働いてくれているのに、そのことをほとんど忘れて暮らしている。ところが、お腹が痛みだしたり、頭が痛みだしたりすると、はじめて人間は自分の内臓のことを考え、からだに故障ができたことを知る。

つまり、苦痛のおかげでからだに故障ができたことを知るのだ。

心の場合もからだの痛みと同じで、人間が人間として正常な状態にいないため、心の痛みやつらさを感じ、「人間として正常な状態にいないこと」を知らせてくれているのだ。

 

この考えにはとても納得させられました。

心が痛いときには一度、「なぜ心が痛いのか?」を自分に問いかけ、その答えとして正しい判断、行動をとっていきたいです。

ものの見方

コペルニクスが地球が太陽の周りをまわっていること(地動説)を唱えるまでは、昔の人はみんな、太陽や他の惑星、星が地球の周りをまわっている(天動説)のだと、目に見たまま信じていた。

このように人間にはどうしても自分を中心に考えてしまう性質がある。

 

私はこの「ものの見方」を常に心に留めておき、自分中心に考え方に固執するのではなく、もっと周りを広く見渡して、物事を考えていきたいです。

 

君はどう生きるかのまとめ

この本には、たくさん考えさせられました。

この本は大人にもおすすめですが、まだ成人していない学生のみなさんにぜひ読んでほしいです。

私もいつか子どもが出来たら読ませてあげたい…。

 

人生には実際に経験してみないとわからないことがたくさんあります。

たとえ失敗したとしても、その経験を活かして次は成功させる、その気持ちが大事です。

一度や二度の失敗でクヨクヨしていてはダメです。

私も失敗の数だけ成長できると思って、日々失敗を重ねていきます!

 

この本から学べること

  • 人としての在り方や生き方
  • 物事の捉え方
  • 友達の大切さ

 

「君たちはどう生きるか」は、子どもから大人まで勉強になる良い本なので、ぜひ読んでみてくださいね!

 

 

↓漫画ではなく、じっくり読みたい方はこちらもどうぞ。

 

↓この本もおすすめです。

あわせて読みたい
【感想】日本再興戦略|おら、百姓になるだ!書籍、日本再興戦略を読んだ感想を書きました。やっぱ、落合さんはただの天才でした。笑...

 

 

にゃむ
にゃむ
またきてにゃ ♪

 

スポンサードリンク
ブロックチェーンゲーマー根本さんのブログ
ABOUT ME
シスイ
シスイ
ゲームと猫と仮想通貨が誰よりも大好き。本ブログは2018年1月に脱サラを目標として運営を始めました。Twitterもやってますのでどんどん絡んでください!フォローしていただけると嬉しいです☟