アルトコイン

仮想通貨EOS(イオス)|取引所や購入方法、特徴などを紹介!

仮想通貨EOS_取引所_購入

 

この記事では「仮想通貨EOS」について書いています。

こんにちは、シスイ(@shisui_1234)です。

 

今回はつい最近、時価総額5位まで上昇してきた「仮想通貨EOS」をご紹介します。

EOSがDappsのプラットフォームとして普及すれば、高速処理かつ取引手数料無料という最高な状況が実現できるかも!?

※Dappsとは「分散型アプリケーション」のこと。

あわせて読みたい
dApps(分散型アプリケーション)とは?仮想通貨のアプリ!?『仮想通貨のアプリ?』dAppsとは何なのかをこの記事では紹介しています。今後ゲームを通してdAppsが普及していくと思われます。...

 

にゃむ
にゃむ
無料は嬉しいにゃ…!!

 


仮想通貨EOSとは?

仮想通貨EOSの基本情報と価格

 

通貨名 EOS
通貨単位 EOS
公開日 2017年6月26日
最大供給量 1,000,000,000 EOS
公式サイト https://eos.io/
ホワイトペーパー こちら

仮想通貨EOSの概要

 

仮想通貨EOSは企業のアプリ開発をサポートする「分散型アプリケーションプラットフォーム」です。

分散型アプリケーションプラットフォーム(Dapps)の代表例として「Ethereum(イーサリアム)」があります。EOSはイーサリアムの最大の特徴であるスマートコントラクトを実装しており、かつ取引手数料無料、トランザクションの処理速度も爆速という、完全な「Ethereumの上位互換」です。

最近ではライトコインを抜いて時価総額5位にランクアップしましたね。

 

あわせて読みたい
イーサリアム_今後_将来性
イーサリアム(Ethereum)の今後の将来性や特徴を考察!イーサリアム(Ethereum)の特徴や今後の将来性を簡単にまとめました。イーサリアムは2020年あたりには手の届かないレベルに価格が跳ね上がっていると僕は予想しています。...

 

仮想通貨EOSの特徴

手数料が無料


なんと仮想通貨EOSでは、取引手数料が無料なのです!

ビットコインなどの多くの仮想通貨では、マイニングをしてくれたマイナーに対して、その対価として手数料を支払っています。この手数料を払う仕組みがあるから取引が承認され、処理がスムーズに進むのです。

では、なぜEOSは手数料が無料なのにも関わらず取引の処理が行われるのでしょうか?

その理由は、「ブロックの作成者にEOSトークン供給量の年間総増加額が5%を超えないようにEOSトークンを付与する」からです。

詳しくはホワイトペーパーへ

処理速度が鬼速い

仮想通貨EOS_取引所_購入3

 

EOSは処理速度まで優秀です。

なんと1秒間に数百万の取引を処理することができます!

主要な仮想通貨の処理速度の比較は以下↓

 

仮想通貨 処理速度(件/数)
EOS 数100万
ビットコイン 6~7
イーサリアム 13~15
リップル 4000

 

他の仮想通貨と比べて断トツに速いですね。

このようにEOSは処理速度がとても速いため、大量の取引を処理する必要のある大きな組織や企業などには最適なプラットフォームとなっています。

アルゴリズムにDPoSを採用

仮想通貨EOSはコンセンサスアルゴリズムにDPoS(Delegated Proof of Stake)を採用しています。

DPoSはPoS(Proof of Stake)を改良したもので、「ブロックチェーンに参加している人たちの投票で決めた承認者によりブロックを生成する」という仕組みです。

DPoSは「Lisk」や「Steem」でもコンセンサスアルゴリズムとして採用されています。

 


仮想通貨EOSの取引所と購入方法

仮想通貨EOSが買える取引所

仮想通貨EOSが買える取引所は以下です。

最もおすすめの取引所はBinance(バイナンス)です。

取引所ランキング世界一の取引所で信頼性もあり、セキュリティも高いです。

仮想通貨EOSの購入方法

  1. ZaifbitFlyerでビットコイン(BTC)を買う
  2. CoinExchangeに買ったBTCを送金
  3. 送ったBTCでEOSを買う

イーサリアムでも購入することができます。

あわせて読みたい
Zaif(ザイフ)口座開設(登録)の流れ|口座を開設してみたよ!Zaif(ザイフ)の口座開設(登録)の流れを画像を交えながら解説しています。僕もイーサリアムなどのアルトコインを購入するさいにはZaif(ザイフ)を使っています。...
あわせて読みたい
ビットフライヤー(bitFlyer)口座開設(登録)の流れを画像で紹介!bitFlyer(ビットフライヤー)の口座開設(登録)の流れを画像を交えながら解説しています。...

 

仮想通貨EOSの今後や将来性

EOSIO 1.0がリリース

仮想通貨EOS_取引所_購入1

 

2018年6月2日にEOSIOのver1.0がリリースしました。

これでEOSベースのアプリケーションが作成可能となりましたね。

果たしてEOSはイーサリアムのライバルとなることができるのでしょうか?僕はトロン(TRX)にも注目しています。

あわせて読みたい
仮想通貨_TRONとは?
仮想通貨TRON(トロン)とは?今後最も熱い仮想通貨!?仮想通貨TRON(トロン/TRX)の将来性や今後、トロンが購入できる取引所まで一挙にまとめました。トロンは僕が2018年に高騰することを期待している仮想通貨の1つです。...

ICO史上最高額の約4300億円を確保

仮想通貨EOS_取引所_購入2

 

先日、EOSの1年間にわたるトークンクラウドセールが終了しました。

そのトークンクラウドセールで調達した資金は、なんと約4300億円…!!

この額はICO史上最大の額だそうです。

 

仮想通貨EOSのまとめ

  • 企業のアプリ開発をサポートする分散型アプリケーションプラットフォーム
  • 取引手数料無料
  • 処理速度が鬼速い
  • コンセンサスアルゴリズムにDPoSを採用
  • EOSの購入はBinanceがおすすめ

 

仮想通貨EOSは取引手数料無料で、かつ取引速度も速いという「性能がハンパない仮想通貨(プラットフォーム)」なので今後イーサリアムのライバル的な存在になるかもしれませんね!

 

にゃむ
にゃむ
またきてにゃ ♪

 

スポンサードリンク
ブロックチェーンゲーマー根本さんのブログ
ABOUT ME
シスイ
シスイ
ゲームと猫と仮想通貨が誰よりも大好き。本ブログは2018年1月に脱サラを目標として運営を始めました。Twitterもやってますのでどんどん絡んでください!フォローしていただけると嬉しいです☟