本のレビュー

【感想】嫌われる勇気。悩みはすべて対人関係から!?

 

この記事では「嫌われる勇気を読んだ感想」を書いていきます。

こんにちは、シスイ(@shisui_1234)です。

 

突然ですがあたなは今、悩みを抱えていますか?

「あの子と付き合いたいけど、なかなか自分から告白できない。」

「自分はいまの仕事をこのまま続けていっていいのだろうか。」

「猫が大好きなのに、猫アレルギーが、、、。」

このように人間は多くの悩みを抱えています。

 

しかし、このような悩みがすべて


「対人関係の悩みだ」

と言われたら、あなたはどう思いますか?

 

そんな、おったまげた持論を提唱しているのが心理学者アルフレッド・アドラーです。

この記事で紹介する「嫌われる勇気」では、

アドラー心理学がわかりやすく解説されています。


嫌われる勇気の概要

嫌われる勇気とは?

 フロイト、ユングと並び「心理学の三大巨頭」と称される、アルフレッド・アドラーの思想(アドラー心理学)を、「青年と哲人の対話篇」という物語形式を用いてまとめた一冊です。

 欧米で絶大な支持を誇るアドラー心理学は、「どうすれば人は幸せに生きることができるか」という哲学的な問いに、きわめてシンプルかつ具体的な “答え” を提示します。この世界の一つの真理とも言うべき、アドラーの思想を知って、あなたのこれからの人生はどう変わるのか?もしくは、なにも変わらないのか……。

 さあ、青年と共に「扉」の先へと進みましょう。

 

岸見一郎さんと古賀史健さんのお二人が、アルフレッド・アドラーの「アドラー心理学」を対話形式で解説した一冊です。

アルフレッド・アドラーとは?

オーストリア出身の精神科医、心理学者、社会理論家。ジークムント・フロイトおよびカール・グスタフ・ユングと並んで現代のパーソナリティ理論や心理療法を確立した1人。

初期の頃のフロイトとの関わりについて誤解があるが、アドラーはフロイトの共同研究者であり、1911年にはフロイトのグループとは完全に決別し、個人心理学アドラー心理学)を創始した。

心理学の分野では、大いに有名な方のようですね。

ドラマ化も

2017年の1月~3月には「嫌われる勇気」のドラマも放送されていました。

主なキャストは最近あまり見ない香里奈さんと、アイドルグループNEWSのメンバーの一人、加藤シゲアキさん。

私は5話あたりまで、見た記憶があります。

学んだこと

すべての悩みは対人関係

 

アドラーは、

「人間の悩みは、すべて対人関係の悩みである」

と断言しています。

 

例として、誰かが低身長で悩んでいるとします。

この低身長というのは、他者と比べたときに初めて

「低身長」という概念が生まれます。

つまり、この宇宙のなかに人類ただひとりであれば、

「低身長」という概念さえ存在しないのです。

 

また、低身長というのが劣等性であるとも限りません。

低身長の見方を変えてみると、高身長で大柄の人に比べて

「警戒心を抱きにくい。」

という優越性が見えてきます。

 

このように私たちを苦しめているのは、

「客観的な事実」ではなく、「主観的な解釈」

なのです。

「いま、ここ」を真剣に生きる

 

アドラーはフロイトの「原因論」を強く否定しており、

逆に、「目的論」を提唱しています。

つまり、過去の「原因」ではなく、いまの「目的」を考えるのです。

 

過去の事ばかり考えてないで、

「いま、ここ」にスポットライトを当てて真剣に生きるのです。

 

「いま、ここ」さえ真剣に生きていれば結果はおのずと

良い方向に傾きます。

 

悩んでいる暇があったら行動しろ!

ということですね。


さいごに

さいごまで読んでいただき、ありがとうございます。

 

読んだところ、アドラー心理学は極端な面があります。

ですのでどの思想を信じるかを取捨選択する必要があると思います。

 

「他人と比べるのではなく、理想の自分と比べる」

「いま、ここを真剣に生きる」

 

私はこの2つを常に意識して日々成長していきます。

 

にゃむ
にゃむ
またきてにゃ ♪

 

スポンサードリンク
ブロックチェーンゲーマー根本さんのブログ
ABOUT ME
シスイ
シスイ
ゲームと猫と仮想通貨が誰よりも大好き。本ブログは2018年1月に脱サラを目標として運営を始めました。Twitterもやってますのでどんどん絡んでください!フォローしていただけると嬉しいです☟