アルトコイン

仮想通貨 奏コイン(KanadeCoin)とは?上場予定はいつなの!?

奏コイン(KanadeCoin)とは?_特徴_上場

 

この記事では「仮想通貨 奏コイン(KanadeCoin)について書いています。

こんにちは、シスイ(@shisui_1234)です。

 

AirDropをたった一晩で終了させた大注目の仮想通貨KanadeCoin(奏コイン)。

とても面白そうなプロジェクトだったので、ざざざっとまとめました。トークンエコノミーの時代もそう遠くないのかもしれませんね!!

 

あわせて読みたい
日本発(国産)仮想通貨まとめ
【日本発】国産仮想通貨8つをザックリと紹介!期待はやはりあのコイン!? この記事では「日本発(国産)の仮想通貨」について書いています。 こんにちは、シスイ(@shisui_1234)です。 今回は...

 

にゃむ
にゃむ
かーいさーつのま…

 


奏コイン(KanadeCoin)とは?

奏コインの基本情報

通貨名 KanadeCoin
通貨単位 KNDC
公開日 2018年4月
最大供給量 10,000,000,000 KNDC
トークンベース ERC20トークン(Ethereum)
公式サイト https://kanadecoin.com/
公式twitter https://twitter.com/KanadeCoin
公式Discord https://discord.gg/wG9Nj72

奏コインはどんな仮想通貨?

奏コイン(KanadeCoin)とは?_特徴_上場6

 

奏コインは日本発のモノづくり応援トークンです。

奏コインはスマホアプリの開発者やWebサイトの運営者等のサービスを提供している人たちに、トークンエコノミーという選択肢を提供します。公式サイトの情報をざっと見た感じですと、大企業のような大きなサービスよりも個人でやっている小さいサービスに重点をおいているようです。

 

奏コインを通じて「モノづくり」がより楽しく、かつ収益性の確保を応援したいのだそうです。なんと素晴らしい仮想通貨(プロジェクト)でしょうか。1人のブロガーとしてこれはかなり応援したいですね。

(ちなみに、運営の方もサイト運営しているのだそう。)

奏コインの使い道

奏コイン(KanadeCoin)とは?_特徴_上場1

決済


1つ目として奏コインは決済の通貨として使用できます。

奏コイン決済を簡単に自社のサービスに組み込めるように専用のSDKを開発しているそうです。ロードマップによるとSDKの正式版の公開は2019年2月。

 

奏コイン導入サービス間連携

奏コインという同一のトークンを導入しているサービス同士、簡単に連携できる仕組みを検討しているようです。

サービス間の連携が実現することにより、「サービス間の仕入れ」「コラボ」「販売代行」等がスムーズに行えるようになります。

 

投げ銭

2つ目として奏コインは投げ銭に利用できます。

投げ銭は同一サービス間と他サービス間のどちらも対応するそうです。

 

奏コイン(KanadeCoin)の特徴

奏コイン(KanadeCoin)とは?_特徴_上場5

日本発の仮想通貨

奏コインは日本発の仮想通貨です。

日本発の仮想通貨といえば、

これらがありますね。

 

NANJコインはAirDropでもらえた20,000NANJが一時期、1万円近くにもなり、かなりの盛り上がりを見せました。奏コインもAirDropのバズり具合からNANJのようにコミュニティが熱い仮想通貨になりそうですね。

 

NANJコインについて下記記事にまとめています。スポーツ好きな人は必読ですよ!!w

あわせて読みたい
NANJ(なんJ)コイン_買い方_特徴_将来性
NANJ(なんJ)コインの買い方、特徴、将来性をまとめました!NANJコインの買い方、特徴、将来性をまとめました。NANJコインは日本発のスポーツ応援コインです。早く国内取引所に上場してほしいですね。...

トークンエコノミーの形成

奏コインの最大の特徴はやはり「トークンエコノミーの形成」を考えていることではないでしょうか。

同じようなことを目指す仮想通貨に「NEM(XEM)」がありますね。NEMは日本でも支持者が多く強敵ですが、奏コインは日本発という特徴を重ね持っています。

この点から日本においての普及は、奏コインが有利だと思います。僕は奏コインを応援しますよー。(やっぱ身近なものにはえこひいきしちゃう)

 

にゃむ
にゃむ
もうNEMいにゃ…

 

AirDropの比率が高い

奏コイン(KanadeCoin)とは?_特徴_上場2

 

奏コインの分配比率を見ると、AirDropの割合が55%とかなり大きくなっています。これは奏コインの流通を増やすためだと言っていますがかなり大胆ですね。正直、ここまで多くのAirDrop比率は見たことありません。

また、開発チームの保有率も1.0%と超低いですね。なんだかとても思いやりのあるプロジェクトになりそうです!!

 


奏コイン(KanadeCoin)の上場予定は?

奏コインが2018年7月2日にCoinExchangeに上場することに決定しました!

ついに、ついにですねー!!

 

ここからが奏コインの本当のスタートです。

これからも応援していますよ。

 

奏コイン(KanadeCoin)の今後や将来性

奏コインのロードマップ

奏コイン(KanadeCoin)とは?_特徴_上場3

 

奏コインのロードマップは上の画像のようになっています。

ビックイベントとして、2018年6月の取引所上場2019年2月のSDK正式版公開があります。この2つが良い流れでいけば、きっと奏コインの未来は明るいと思います。

 

2019年2月以降のアプリ開発とかはかなり楽しみですね!!

 

奏コインのAirDropが一晩で終了

奏コイン(KanadeCoin)とは?_特徴_上場4

 

なんと2回目のAirDropが一晩で終わってしまうという事態に!!

このことから、奏コインに対して周りがどれだけ注目しているのかが一目瞭然ですねー。僕もAirDropに参加しましたが2回目は不正アカウントをはじくためか、結構難易度高めでした。

 

奏コイン(KanadeCoin)のニュース

奏コインのロゴが決定

2018年5月22日に奏コインのロゴが発表されました!

それがこちら↓

奏コイン(KanadeCoin)とは?_特徴_上場7

 

糸を結ぶように、人と人の想いを結ぶ。
伝統工芸の手毬、水引をモチーフにものづくりを表現しました。

 

奏コインの「K」をモチーフにデザインされたのですね。

奏コインには、僕個人的にカラフルなイメージを持っていなかったので、結構好きです。

ロゴの投票数が多かったTOP10は公式サイトにまとめてあります。興味がある方はごらんください。

👉奏コインのロゴ投票数TOP10

奏コインが法人化

奏コイン(KanadeCoin)とは?_特徴_上場8

 

2018年5月30日、奏コインは法人化することを決定しました。

法人化の目的としては以下の4つです。

  • トークン発行にあたっての法務、財務責任の明確化
  • 収支管理、財務、税務回りを扱いやすくする
  • 今後、対企業ビジネスを行う場合の備えとして
  • トークン発行主体としての信頼性の担保

法人化はあくまでトークン発行主体としての運営の合理化を図るものであり、ビジネスの中央集権化は避けていくとのこと。

 


奏コイン(KanadeCoin)のまとめ

  • 日本発のモノづくり応援トークン
  • トークンエコノミーの形成を目指す
  • 2018年6月に上場予定
  • 第2回AirDropは一晩で終了

 

奏コインは1人のブロガーとして、かなり応援していきたいです。NANJコインといい、日本でも面白い仮想通貨が産まれてきましたね。

これを機に、もっともっと日本の仮想通貨業界が盛り上がって行って欲しいです。(できれば少しでも早く税金下げてね。)

 

あわせて読みたい
日本発(国産)仮想通貨まとめ
【日本発】国産仮想通貨8つをザックリと紹介!期待はやはりあのコイン!? この記事では「日本発(国産)の仮想通貨」について書いています。 こんにちは、シスイ(@shisui_1234)です。 今回は...

 

にゃむ
にゃむ
またきてにゃ ♪

 

スポンサードリンク
ブロックチェーンゲーマー根本さんのブログ
ABOUT ME
シスイ
シスイ
ゲームと猫と仮想通貨が誰よりも大好き。本ブログは2018年1月に脱サラを目標として運営を始めました。Twitterもやってますのでどんどん絡んでください!フォローしていただけると嬉しいです☟