本のレビュー

【感想】沈黙のWebライティングの感想。SEOのためのライティング教本!

 

この記事では、「沈黙のWebライティングを読んだ感想」を書いていきます。

こんにちは、シスイ(@shisui_1234)です。

 

最近、本業がさらに憂鬱になってきました。

「あ~、メンタル弱いな、じぶん。」



ついに、ずっと読みたかった「沈黙のWebライティング」を読みました。

沈黙のWebライティングのあらすじや読んだ感想を書いていきます。

 

にゃむ
にゃむ
ライティングが加速するぅぅ!

 


沈黙のWebライティングとは?

まずは、「沈黙のWebライティング」がどんな本なのかを紹介します。


沈黙のWebライティングはブログ初心者のためのライティング教本です。

ストーリー形式で書かれているため、あまり本を読まない方でも読みやすいです。

著者は株式会社ウェブライダーの社長、松尾茂起さんです。

なんとこの松尾茂起さんはアフィリエイターなら誰もが知っているテンプレート「賢威」の開発者だそうです。

この事実には私も驚きました。

沈黙のWebライティングのあらすじ

舞台は温泉で有名な須原。

須原の温泉旅館のひとつ「みやび屋」では、半年前に交通事故で両親を亡くした若女将の宮本サツキとその弟、宮本ムツミがふたりで旅館を営んでいた。

しかし、宮本サツキに思いを寄せている、ある大きな人物の影響でみやび屋の経営はうまくいっていなかった。

それと同時に、須原にある他の旅館の経営も不調であった。

そこに、世界最強のWebマーケッターであるボーン・片桐とそのパートナーのヴェロニカが旅館客として現れる。

みやび屋のWebサイトの管理を担当していた宮本ムツミは、ボーン・片桐のコンサルを受けながら徐々に成長していく。

はたして、須原そして、みやび屋の経営は回復するのか?

また、世界最強のWebマーケッターであるボーン・片桐の正体とは?

沈黙のWebライティングはこんな人におすすめ

  • Googleに評価される記事を作りたい
  • 読者にわかりやすい文章が書けない
  • 日々、記事を書いているがなかなか成果が出ない
  • ストーリー形式で楽しくライティングを学びたい
  • 北斗の拳が大好き

沈黙のWebライティングを読んでいると、

「松尾茂起さんは北斗の拳が好きなんだろうな~」

「きっと私と同じく、中二病なんだろうな~」 ← いい意味で!

「読者に楽しんでもらいたいんだろうな~」

と所々で感じます。

沈黙のWebライティングを読んだ感想

沈黙のWebライティングを読んだ感想は大きく3つあります。

1.読みやすい

沈黙のWebライティングを購入して自宅に届いたときは正直思っていたよりも分厚い本で驚きました。

合計ページ数は約630ページあります。

しかし、ストーリー形式かつ会話調で書かれていたため、サッと読めました。

2.ブログ初心者は勉強になる

沈黙のWebライティングの本の中で、

  • Google Analythics
  • Google Search Console
  • Google Adwords キーワードプランナー
  • Ptengine
  • GinzaMetrics

などのブログを書くにあたって便利なツールも紹介されています。

そのため、私のようなブログ初心者はとても勉強になりました。

「エモーショナルライティング」(感情を文章で表現して書くこと)などといった、

SEO対策のノウハウもたくさん書かれています。

3.著者の松尾茂起さんがすごい

著者の松尾茂起さんは、論理的思考人間心理を深く勉強されてきた方なのだと感じました。

きっと、

「どうやったら読者に楽しんでコンテンツを読んでもらえるか?」

「この文章がなぜ読者に響いたのか?」

といった問を繰り返してきたのだと思います。

私も松尾茂起さんのように読者に楽しんでいただける記事やコンテンツを作成できるように、日々努力していきます。


さいごに

ここまで読んでいただき、ありがとうございます。

沈黙のWebライティングは本当に買ってよかったです。

ぜひ、あなたも一度読んでみてください。

この記事が少しでも沈黙のWebライティングの購入に迷ってる人の参考になれば幸いです。

 

にゃむ
にゃむ
またきてにゃ ♪

 

スポンサードリンク
ブロックチェーンゲーマー根本さんのブログ
ABOUT ME
シスイ
シスイ
ゲームと猫と仮想通貨が誰よりも大好き。本ブログは2018年1月に脱サラを目標として運営を始めました。Twitterもやってますのでどんどん絡んでください!フォローしていただけると嬉しいです☟